現在消費者金融はアコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットが大手で、それ以外を中小の消費者金融と分類されます。中小の消費者金融はほとんど宣伝もしていないので、多重債務者以外は知る人ぞ知る存在です。そこで中小の消費者金融とはどのようなものかを解説します。

まず中小の消費者金融はどのような人が利用するのかと言えば、大手の金融機関で相手にされない多重債務者や金融ブラックの人です。中小の消費者金融は大手に相手にされない方も審査を受け付けてくれることで人気です。しかし注意すべき点は、審査が決して甘いわけではなく審査通過率もかなり低めだと噂されているのです。

次に中小の消費者金融の融資限度額は50万円以下になることが多く、特に10万円未満に設定されることも多いです。これは法律で10万円未満の金利が年20%に設定できると規定されているためで、少額融資に特化しているのが特徴です。