銀行や消費者金融でキャッシング契約する際、基本的には契約者個人の信用と収入から融資可否と融資額が決まります。ですが、貸付条件の『本人に安定した収入があること』は、幅広い認識が可能です。収入が安定していることは、勤務先から給与が支払われていることであり、勤務先の経営状況が悪化し給与が減少もしくは払えない、倒産リスクがあるなどは安定的な収入が見込めなくなります。

そのため、少なからず勤務先の信用も影響する可能性があるため、申し込みの際は勤務先は安心できるかどうか重要です。特に銀行カードローンともなると、銀行は勤務先の状況を取引から把握できてしまいます。また、自分自身に問題がなくても、同じ会社の社員が金融事故を頻発させたり、多くの人が事故を起こしている場合も注意が必要です。