契約中ではあるものの、長期に亘り借り入れがないというキャッシング契約において、過去に返済遅延を起こしている場合は解約するといった選択肢があります。一時的に返済が遅れたものの、それ以降に一括返済している場合、個人信用情報に遅延情報が残ってしまいます。

結果、将来的なローン審査でマイナスになるリスクが生じてしまいます。個人信用情報において遅延情報は契約期間中もしくは解約から5年以内は残ることになります。定期的に借り入れと返済が行われることで情報が更新され遅延情報が抹消されるものの、利用しないままで放置すると遅延情報が残ってしまいます。

そこで、5年を目安に借り入れする可能性が無いのであれば、解約してしまい遅延情報が抹消されるのを待つという方法があります。先ずは、解約すべきかどうかを慎重に判断し、将来に影響を残さない方法を選択することが重要になります。